がん検診を受ければがんは怖くない病気です

###Site Name###

現代の医療では、がんは怖い病気ではなくなってきました。


早期に発見することができれば、高い確率でがんを完治することも可能です。

また、早期発見できれば、がんは局所的に小さな腫瘍として存在するだけであり、その除去は簡単ですし、他に転移している恐れも少ないので、再発の可能性を低くすることも可能です。

がん検診のさまざまな情報が満載です。

即ち、早期に発見することが可能となってきたので、がんは怖い病気ではなくなってきたと言えるのです。



がんを早期に発見するためには、がん検診を定期的に受診することが欠かせません。

何故ならば、がんはその初期においては自覚症状がないことが多いからです。

自覚症状がないということは、自分ががんにかかっていることが分からないままに病状が進行し、気づいたときには手遅れとなっていることも多々あります。

がん検診は、胃がん、肺がん及び大腸がんに対しては年に1回の受診が目安とされており、乳がんや子宮がんに対しては2年に1回の受診が目安とされています。



また、子宮がんに対しては20歳以上、それ以外のがんに対しては40歳以上でがん検診を受診することが推奨されています。

この推奨年齢及び受診期間を守ってがん検診を受診すれば、がんを早期に発見する確率を高くすることができるのです。多くの自治体で、前述の5種類のがんに対しては、それぞれ2000円以下の費用でがん検診を受診できるようになっていますし、設備の整っている医療機関ならば、その他のがんも含めた総合的な検診も受診することが可能です。